前へ
次へ

医療の費用は自己負担分がありますが

医療費というのは全てを自分で支払っているというわけではなく、自己負担部分だけを支払っているということになります。
受診した際に、窓口で支払う医療費が、自己負担分ということになります。
年齢によっても違うことになる自己負担率なのですが、そもそも保険料の支払いの金額が人によって違うわけですがそれによって自己負担率が変わるというわけではないです。
基本は年齢になります。
年齢によって自己負担率が基本的には変わってくるということになるわけです。
ですが、大原則として3割です。
後は特定の病気になってしまったとかそういうことがありますとその病気に関しては自己負担率が低くなるというような制度もあったりします。
そのあたりのことは当たり前ではありますがまずはその病気になってから、ということになります。
別に自分で細かく知っている必要性はないです。
何故かといいますとそれは病院で少なからず説明を受けることになるからであり、そのときに知れば良いです。

Page Top