前へ
次へ

医療費について感じた事を書いてみました

自分は喘息持ちです。
特に40歳を過ぎたころから症状が重くなって来て、今では通院と投薬の治療を続けています。
そんな状況なのですが、個人事業主と云う事もあって、その医療費が凄く負担になっているのはどうにもならないのでしょうか。
確定申告に医療費控除がありますが、年間のその額は、それを受けられる金額にも微妙に届いて居らず、国保の3割負担が続いています。
また、公害の要因があるだろうとされる地域には補助金の仕組みもあるのだとか。
でも、公害が懸念される場所ではない自分の居住地ではそれも受けられなくって、不公平感がますます募ってしまうのです。
おそらく、喘息の患者さんと云うのは、全国的にも多いだろうと予想できますが、経済状況以上の負担を強いられている方は、おそらく、驚く程たくさんいらっしゃるだろうと想像しています。
できれば国保の医療費の負担も、健康保険と同様に2割に軽減して欲しいものだと、愚痴を言いたくなるのも理解して欲しいですね。

小児難聴の診療はこちら

https://megumi1133.jp/language/
マンツーマンでしっかり訓練が行える、大阪のめぐみ耳鼻咽喉科・アレルギー科。言語訓練は子供の集中力や発達段階に応じて適切な訓練を行う必要があります。

Page Top