前へ
次へ

地域医療の大切さを実感する田舎町

昨今、都心部などでは小さな個人クリニックから様々な診療科目の揃った総合病院まで、幅広いメディカルケアを受ける事が出来ます。
手厚い看護や予防医学、ポストケアなど私達のクオリティオブライフを充実させるために日々医療が先進している事を痛感できるのは言うまでもありません。
しかしその一方で、離島や少し人里はなれた地域では医者がいなかったり、満足な設備が整っていない、など急病や怪我の際にすぐに治療を受けられない場所も未だに多々存在している事実があります。
その様な地域では訪問医療があったりする場合がありますが、それだけでは足りないのは言うまでもありません。
安心して生活し、いつでも具合の悪い時に駆け込んだり、充分なケアを受けたり、体についての相談が気軽にできる場所が蕎麦にある、という事は精神的にも大切な事です。
高齢化がすすんだり、過疎している地域も多い田舎町などにも是非もっと気軽によい医療を受けられる環境が整うべきでしょう。

Page Top