前へ
次へ

これからの医療は外国語を使用するスキルが必要

英語はもっとも一般的な世界の共通言語です。
しかし、現在の看護教育の過程では、ほかの分野の大学教育と比較しても、語学の単位数は少なく、十分な英語教育がおこなわれていないというのが現状です。
特に日本の看護教育では、日本語の教科書が充実しているため、英語教材を使うことがほとんどなく、教科書にもあまり英語は表記されていません。
英語だけでなく、ほかの言語も理解していなければ、医療ができないというのは事実としてありますが、多くの国では病名や症状は英語でコミュニケーションすることが可能です。
外国人医療者とのコミュニケーションには、医療英語は必須であり、一般的な英語能力だけではなく、現場に特化した英語能力を身につけることが、すべての看護師に必要です。
近年では、医療英語の検定も実施されているため、積極的にトライしてスキルアップしていくことも大切です。
広範囲の英語力を評価するほかの検定などと同様に、利用可能です。

Page Top