前へ
次へ

医療業界は国際看護からグルーバル看護へ

日本の医療機関では、人材、患者を含めて、グローバル化が進んでいます。
国際看護学の授業はあるものの、現在の状況に対応しきれていないのが現状です。
言語や文化の異なる外国人患者に対して、どのように接し、ケアしていけばいいのか悩んでいる人も多いですが、どこにいても、誰が相手でも基本は同じです。
たとえ、個をみる看護の道から、集団をみる保健の道に進んだとしても、性別や人種、国籍にとらわれない、個への対応を尊重し、個からの正確な情報を収集するスキルが必要になります。
そのため、グローバル看護をおこなう看護師にとって、必要となる能力は、看護実践を説明できるスキルと基本的な外国語を使用するスキル、外国人を含むすべての対象者とコミュニケーションができる能力の3つになります。
そして、現在の日本社会は、グローバル社会であるため、あえて日本人と外国人の看護を分ける必要はなく、国際看護というよりも包括的という意味合いも含まれるグローバル看護を医療機関で実践していくことがふさわしいとされています。

Page Top